タイトスカートにはあえてスニーカーを合わせて抜け感をプラス!

「タイトスカートにはヒールじゃなきゃ!」はもう古いです。ミックスコーデが注目される今は、キレイ目アイテムであるタイトスカートにカジュアルなスニーカーを合わせるコーデこそトレンドと言えます。サクサク歩けるスニーカーでタイトスカートを大人可愛く着こなしましょう。

タイトスカート+スニーカーで大人のカジュアルスタイルに!

ボディラインを美しく見せてくれるタイトスカ-トは女性の特権のようなアイテムですが、普通ならヒールを合わせるところをあえてスニーカーにするのが、カジュアルコーデをランクアップするテクニックです。

スウェットパーカーもカジュアルアップ!

タイトスカート以外は全てカジュアルアイテムの王道と言えますが、なぜかエレガントな雰囲気が漂うのはやはりタイトスカート効果と言えます。

オフィススタイルにもスニーカーで

シャツにタイトスカートといったオフィススタイルの場合でも、通勤時には楽チンなスニーカーを履けば脚の疲れも半減します。

タイトスカートのように今まではキレイ目でまとめていたコーディネートにカジュアルアイテムをプラスする「スポーツミックスコーデ」はここ数年で人気となっていますね。

まずは無難なグレーのスニーカーで挑戦

ヒールを脱ぎ捨ててタイトスカート+スニーカーを上手く着こなす自信がないという方は、まずは無難なグレーのスニーカーから始めてみましょう。

キレイ目寄りスポーツミックスコーデ

全てのアイテムをモノトーンでまとめるとカジュアル要素が低くなるので、タイトスカート+スニーカーに抵抗がある方にはオススメです。

ナンシさん(@nanshi)が投稿した写真 -

キレイ目寄りスポーツミックスコーデ
全てのアイテムをモノトーンでまとめるとカジュアル要素が低くなるので、タイトスカート+スニーカーに抵抗がある方にはオススメです。

カジュアル寄りのスポーツミックスコーデ

こちらはカジュアルの王道アイテムばかりのコーデですが、タイトスカートとスニーカーのバランスが女の子っぽさを演出していますよね。

ボーダータイトスカートで着やせ効果を狙う!

脚を細く見せてくれるヒールではなくスニーカーにする自信がないという方は、タイトスカートをボーダーにすれば足元がスリムに見える効果が期待できます。

インパクト大のボーダータイトスカート

黒×白のボーダータイトスカートをコーデの主役にして、レースシャツとロングカーディガンで上品に。レザーのバッグの色で締めてくれます。

長めのボーダータイトスカート×黒スニーカー

一番難しい丈であるひざ下丈のタイトスカートでも、ボーダーと黒いスニーカーで引き締め効果を狙いましょう。

スニーカーを主役にする大人カジュアル

スニーカーが主役の上級者コーデ

チェスターコートや長めのタイトスカートはクラシカルな雰囲気になりますが、そこにあえて派手なデザインのスニーカーを合わせるのはかなりの強者コーデです。

スニーカーを指し色にするテクニック

シンプルなコーデにイエローのスニーカーをやカモフラ柄のバッグを取り入れてうまくバランスをとっていますね。

スニーカーを指し色にするテクニック
シンプルなコーデに赤のスニーカーと赤のマフラーを取り入れてうまくバランスをとっていますね。

2足目のスニーカーは是非目立つカラーをチョイスして、アクセントにしてみましょう。

カラフルなスニーカーでコーデにメリハリをつける

特にオールホワイトやオールブラックコーデの場合は、足元に刺し色を加えてバランスをとるのも良いですね。

タイトスカート×ハイカットスニーカーで脚長効果

長めのニットタイトスカート×ハイカットスニーカー
見えている脚の部分が少なくても、ハイカットスニーカーの効果でより長く見せることができます。

ブラックのハイカットでシンプルコーデ

コンバースのハイカットはカラーバリエーションも豊富ですが、ブラックカラーは大人カジュアルスタイルにピッタリですね。

同色のタイツとスニーカーで脚長効果
黒タイツに黒スニーカーと同色で揃えることで足が長く見えます。これで寒い季節も安心ですね。

寒い時期にもタイトスカートにスニーカーのミックスコーデを楽しむ時は、タイツで防寒対策をしましょう。

ハイカットスニーカーと言えばやはりコンバースですよね。軽くて履き心地がよく、他のボトムとの相性も良いのが人気の秘密でしょう。

コンバースハイカットスニーカー

自分好みのカラーを選んでスタメンアイテムにしてみてくださいね。

履き心地抜群のスリッポンタイプ

紐付きだけがスニーカーではありません。スリッポンタイプなら脱着も楽チンですし、足元がスッキリして大人っぽいこなれた雰囲気が演出できますよ。

シンプルコーデ+レオパードスリッポン

こちらもスニーカーありきのコーデですね。オールブラックにバッグではなく足元にレオパードをプラスするあたりは、大人の女性の貫禄を感じます。

カジュアルコーデの差し色として

カジュアルアイテムで統一されたコーデにカーキのコートで大人っぽく

派手目のスリッポンをコーデのアクセントにする

柄物のスリッポンは目線を足元に集めてくれるので、足首を出して履くことでスラッと細長く見える効果を発揮してくれます。

「タイトスカートにはスニーカー」はもはや常識!

街を歩いていてもタイトスカート×スニーカーコーデを目にする機会は多いはずです。それは歩きやすさや手軽という利便性もありますが、やはりトレンドを意識したミックスコーデの代表的なスタイルだからでしょう。