20%OFF
BRAND COUPON
利用期間:11月19日(日) 23時59分まで
JANISS , coca
他、全8ブランドで使えるクーポンをプレゼント中!

クーポンのご利用は購入確認時に選択ください。
新規の方は、会員登録完了時に取得できます。
本クーポンは、期間中に1回のみご利用できます。

対象ブランド (8件)

ファッション通販SHOPLIST”ショップリスト”  

本日全品送料無料

サービス利用規約

SHOPLISTサービス利用規約

このサービス利用規約(以下「SHOPLISTサービス利用規約」といいます。)は、「SHOPLISTサービス共通規約」及び「SHOPLISTサービス個別規約」により構成され、クルーズ株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するSHOPLIST関連サービスをご利用される際に適用されます。ご利用にあたっては、必ずSHOPLISTサービス利用規約をお読みいただき、内容をご承諾の上でご利用ください。

第1編 SHOPLISTサービス共通規約

1.規約の適用
1−1 SHOPLISTサービス共通規約(以下SHOPLISTサービス共通規約において「本規約」といいます。)は、当社が提供する本サービス(第4項で定義し、次項においても同様です。)に関する共通事項を定めたものです。
1−2 当社が別途定めるプライバシーポリシーや本サービスの個別規約及び個別契約、本サービス内に掲載するガイド(お知らせ、禁止事項、ご利用ガイド、その他名称を問わず、提供する本サービス内で告知をしているお知らせまたはルールの一切を含みます。)は、それぞれSHOPLISTサービス利用規約の一部を構成するものとします。
1−3 本規約の規定と個別規約又は個別契約の内容が異なる場合には、個別規約及び個別契約の内容が優先して適用されるものとします。
1−4 本規約において使用する用語を以下のように定めます。
(1)「本サービス」とは、当社が運営を行う下記サービス(ウェブサイト及びアプリケーションの両方を含みます。)及び将来当社が開発/提供開始するSHOPLIST関連サービスをいいます。
「SHOPLIST.com by CROOZ」
「SHOPLIST USED」フリマ(ユーザー間取引)
「SHOPLIST USED」提携会社による買取
「SHOPLIST USED」当社によるアウトレット商品販売
「SHOPLIST USED」標準トランクルーム(預ける機能)
(2)「利用者」とは、購入者か否かに関わらず、本サービスにアクセスし、本サービスの提供するサービスを受けることの出来るすべての人をいいます。
(3)「会員」とは、本サービス所定の会員登録を済ませた利用者をいいます。

2.規約の変更
2−1 当社は利用者の承諾を得ることなくいつでもSHOPLISTサービス利用規約を変更することができるものとします。この場合本サービスの利用条件は、変更後のSHOPLISTサービス利用規約によるものとします。
2−2 変更後のSHOPLISTサービス利用規約は、当社が別途定める場合を除き、本サービス上に表示もしくは電子メールによる告知をした時点より、効力を生じるものとします。
2−3 SHOPLISTサービス利用規約の変更の効力が生じた後に本サービスを利用した場合には、変更後のSHOPLISTサービス利用規約のすべての記載事項について同意したものとみなされます。
2−4 当社は、SHOPLISTサービス利用規約の改定、変更により利用者に生じた全ての損害について、一切の責任を負いません。

3.利用の準備
利用者は、本サービスの利用にあたり、自己の費用と責任において必要な通信会社との契約・通信機器・ソフトウェアなど利用者側設備において必要なもの全てを用意するものとします。

4.サービス提供を受ける権利
利用者は、SHOPLISTサービス利用規約に係るいかなる権利又は義務も第三者に移転又は譲渡することはできません。

5.利用者の会員登録
5−1利用者は、当社が定める方法により必要事項をご登録いただくことで、会員登録を行うことができます。
5−2利用者は、住所、電話番号、メールアドレス、その他の登録事項について、当社に対して、真実、正確かつ完全な情報を届け出なければならず、常に最新の情報となるよう修正しなければなりません。また、利用者は複数の登録を行うことができないものとします。
5−3当社は、以下各号のいずれかに該当する場合、利用者の会員登録の申請を承認しないことがあります。
(1)当社が定める利用者の資格を満たしていない場合
(2)登録内容に正確ではない情報、又は虚偽の情報が含まれている場合
(3)過去に規約違反等により、当社から利用停止等の処分を受けている場合
(4)当社の運営・サービス提供又は他の利用者の利用を妨害、支障をきたす行為を行った場合やそのおそれがあると当社が判断した場合
(5)暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これに準じる反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」といいます。)であると判明した場合又は反社会的勢力等が経営に実質的に関与している法人等であると判明した場合
(6)その他当社が不適当であると判断する場合
5−4 登録情報の管理は、利用者の責任で行うものとし、登録情報が不正確又は虚偽であったり、変更が登録されていないために利用者が被った一切の不利益及び損害に関して、当社は責任を負わないものとします。

6.ID及びパスワードの管理
6−1 利用者が会員登録を行った場合、自己の責任においてID及びパスワードを厳重に管理、保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買などをしてはならないものとします。ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用などによる損害の責任は当該利用者が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。また、当社は、本サービスをインストール又はWEBでアクセスした携帯電話機、通信機器等の端末(以下「端末」といいます。)上で行われた一切の行為及び登録されたパスワードを利用して行なわれた一切の行為を、利用者本人の行為とみなすことができ、その場合、利用者はかかる行為の結果生じる一切の責任を負担するものとします。
6−2 会員はID及びパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、ただちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。会員の登録情報の漏えい、第三者の不正利用・不正アクセス等により当社又は第三者に生じた損害について、当該損害が当社に起因する場合を除き、会員は、当社及び第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。

7.変更の届け出
7−1 会員は、その住所、電話番号、その他当社に届け出ている内容に変更が生じた場合には、当社が定める方法により、速やかに届け出るものとします。
7−2 変更の届け出を怠ることにより、当該会員に不利益が生じることがあっても、当社は一切の責任を負わないものとします。

8.退会
8−1 会員が退会を希望する場合は、当社が定める退会手続きに従い、その旨当社に届け出るものとします。ただし、取引の決済や商品の郵送等取引の手続が未完のものがある場合等、即時に退会できない場合があることをあらかじめ承諾するものとします。この場合、退会希望会員は、一連の未完の取引を本規約に従って遅滞なく円滑に進め、完了させた後、当社に問い合わせを行うものとします。
8−2 退会を希望する会員は、退会日までに当社に対する債務の全額をお支払い頂きます。また当社が退会者に対して利用料金などの払い戻しをすることはないものとします。
8−3 当社は、退会希望の届出を受け取った場合でも、当社の判断で、退会手続きを一時的に停止することができるものとします。
8−4 当社は、本条の措置により生じる損害について、一切の責任を負わないものとします。

9.資格の取り消し
9−1 会員が以下の事由に該当する場合、当社は事前に予告することなく直ちにその購入者もしくは会員としての資格を取り消し、本サービスの全部もしくは一部へのアクセスの拒否・利用停止、又は、利用者に関連するコンテンツや情報の全部もしくは一部の削除等の措置をとることが出来るものとします。
(1)当社が定める禁止行為を行った場合
(2)当社への申告、届出内容に虚偽があった場合
(3)当社に対する債務の履行遅延又は不履行があった場合
(4)過去にSHOPLISTサービス利用規約違反などにより除名・資格取消しされていることが判明した場合
(5)手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合
(6)法令又はSHOPLISTサービス利用規約に違反した場合
(7)登録した携帯電話番号又はメールアドレスが不通になったことが判明した場合
(8)会員が債務超過、無資力、支払停止又は支払不能の状態に陥った場合
(9)会員について破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはその他適用ある倒産手続開始の申立が行われた場合又は解散もしくは営業停止状態である場合
(10)他の会員や第三者に不当に迷惑をかけた場合
(11)登録した金融機関の口座に関し違法又は不適切その他の問題のあることが当該金融機関による指摘その他により判明した場合
(12)決済事業者又は収納代行業者のいずれか一方又は双方から、会員の本サービスの利用停止をさせるよう要請があった場合又は会員に対する決済・収納代行サービスの提供停止措置が取られた場合
(13)会員が自ら又は第三者をして、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風評を流布し、偽計を用い又は威力を用いて、信用を毀損又は業務を妨害する行為をした場合
(14)その他、当社が会員として不適切と判断した場合
9−2 前項の規定により、資格が取り消された者は当社の指定する期日までに当社に対する債務の全額を当社に対して支払うものとします。
9−3 当社は、前項の措置に関する質問・苦情は一切受け付けていません。また、当社は当該措置の時点で、本サービスにおける何らかの権利を有する場合、当社は、当該会員が該当する権利を放棄したものと見做すことができるとともに、当該措置により生じる損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

10.ポイント
10−1 ポイントの付与
(1)当社は、会員が本サービスにおいて当社の指定する方法で商品等を購入した場合、その他当社が適当と認めた場合に、当社の定める数のポイントを会員に付与するものとします。
(2)ポイントは、当社が定める時期に会員に付与されるものとします。
(3)会員は、携帯電話端末の機種変更等を行った場合、会員が保有していたポイントが引き継がれない場合があることをあらかじめ承諾するものとします。
10−2 ポイントの利用
(1)会員は、本サービスにおいて当社の指定する商品等を購入する場合、保有するポイントを当社が定める換算率で商品等の代金(送料及び代引に関わる手数料等を除きます)の全部又は一部として利用することができます。
(2)一度に使用できるポイントは、別途当社が定めるポイント数を上限とします。
(3)ポイントは、換金することができないものとします。ただし、法令上必要な場合はこの限りではありません。
10−3 ポイントの合算禁止
(1)会員は、獲得したポイントを会員間で共有、合算、贈与、貸借、質入及び譲渡することはできないものとします。
(2)複数の会員登録をしていた場合、会員はそれぞれで獲得したポイントを合算することはできません。当社は会員の複数登録についてその当該会員の獲得したポイント全部を抹消し、又は会員資格を取消すことができるものとします。
10−4 ポイントの取消・消去
(1)当社は、会員が以下に定める事項に該当すると判断した場合、会員の保有するポイントの全部又は一部を取消すことができるものとします。
@SHOPLISTサービス利用規約又は個別の特約に違反した場合
A不正な方法によりポイントを取得した場合
B当社の過誤によりポイントが付与された場合
C本人の意思に関わらず会員でなくなった場合
D本サービスを廃止する場合
Eその他当社がポイントを取消すことを適当と判断した場合
(2)ポイントには有効期間があります。会員が取得したポイントは、取得日から180日で消滅・失効します。当社は理由の如何を問わず、消滅・失効したポイントを返却しません。
(3)当社は、本条により取消又は消滅したポイントについて何ら補償も行わず、一切の責任を負わないものとします。
10−5 第三者による利用
当社は、本サービスの会員に付与した会員ID及びパスワードでのポイントの利用を当該会員の利用として取り扱うものとし、第三者による不正利用であった場合でも、当社は使用されたポイントを返還せず、また一切の責任を負わないものとします。
10−6 税金等
ポイントの取得、ポイントの利用等に伴い、税金その他付随費用が発生する場合、会員が負担するものとします。
10−7 変更等
(1)本条に定める他、ポイントに関する一切の事項は当社が定めるものとし、会員はあらかじめこれを承諾するものとします。
(2)会員は、本条その他ポイントに関する事項の変更(ポイントの付与率、ポイント利用対象商品、ポイント制の廃止等を含みますが、これに限られません)を行う場合があることを予め承諾するものとします。
(3)当社は、前項により会員に不利益又は損害が生じた場合でも、一切責任を負わないものとします。

11.著作権など
11−1 利用者は、当社が別段の定めを行った場合を除き、著作権などの権利者の承諾を得ず、当社を通じて提供される情報を著作権法で定める利用者個人の私的使用の範囲を超えて使用、又は公開することは出来ません。
11−2 本サービスに含まれるすべてのコンテンツ、文字、グラフィック、ロゴ、ボタンアイコン、画像、ジャケット写真、リソース、オーディオクリップ、デジタル形式でダウンロードされたもの、データに編集を加えたもの、ソフトウェアなどは、本サービス、又はコンテンツ提供者の財産であり、著作権によって保護されています。
11−3 掲示板など、利用者及び購入者のみなさまが送信(発信)したコンテンツを不特定多数の利用者がアクセスできるサービスに対して、利用者から提供されたコンテンツに著作権等が発生する場合、当該権利(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む)はすべて当社に帰属するものとします。利用者は、当社が本サービスの宣伝、運営等を目的として、このようなコンテンツを本サービスの編集、新聞、雑誌などへの掲載や出版物として発行することを了承するものとします。また、利用者は著作者人格権を行使しないものとします。なお、この条項は、他の利用者に対して当社が当該コンテンツの使用許諾をすることを約束するものではありません。
11−4 本条の規定に違反して著作権などの知的財産権に関する紛争が生じた場合、利用者は自己の費用と責任において、その問題を解決するとともに当社に対してなんらの損害を与えないものとします。

12.利用者書込み情報
12−1 本サービス内における利用者による投稿、商品のレビュー、コメント等の書込情報及び会員が掲載した文章、絵画その他のコンテンツ等(これらを併せて以下「利用者書込情報」といいます。)は、本サービスの不特定多数の会員からアクセス・閲覧されることを十分に理解のうえ、本サービスをご利用ください。利用者書込情報に対しては、これを書き込んだ利用者及び会員が全責任を負うものとします。
12−2 利用者及び会員は以下の情報を書き込むことはできません。
(1)真実ではないもの。
(2)猥褻な表現又はヌード等の猥褻画像を含むもの。
(3)公序良俗に反するもの。
(4)他人の名誉又は信用を傷つけるもの。
(5)第三者の特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、肖像権その他の権利を侵害するもの。
(6)コンピュータウィルスを含むもの。
(7)法令に違反するもの。
(8)当社の認めるサイト以外のサイトへのリンク、URL。
(9)その他、当社が不適当と判断するもの。
12−3 利用者に安全に本サービスをご利用いただくため、SHOPLISTサービス利用規約に定める違反行為等の早期発見を目的として、当社が利用者書込情報を監視できるものとします。
12−4 当社は、利用者書込情報がSHOPLISTサービス利用規約に違反する場合、その他当社が不適当と判断した場合、もしくは以下に例示する事由に該当する場合には、利用者への事前の告知なく利用者書込情報を削除すること及び利用者に書込みの制限を行うことができるものとします。
(1)書き込みから一定期間以上、経過した場合
(2)本サービスの保守管理上、必要である場合
(3) 利用者書込情報などの容量が当社の機器の所定記憶容量を超過した場合
12−5 当社は前項の利用者書込情報の削除の理由などにつき、利用者に対し返答する義務を負いません。また、当社は利用者書込情報の削除義務を負うものではありません。なお、当社は、本条の規定に従い利用者書込情報などを削除したこと、又は利用者書込情報などを削除しなかったことにより、利用者もしくは第三者に発生した損害について一切の責任を負いません。
12−6 利用者は、前3項に係る利用者書込情報の監視及び削除について予め同意するものとします。

13.禁止行為
13−1 利用者は本サービスの利用にあたって、以下の行為をしてはならないものとします(以下これらを「禁止行為」といいます)。
(1)本サービスに関わる当社又は通信会社もしくは第三者の財産権、プライバシー、その他の権利を侵害・制限する行為、又は侵害・制限するおそれのある行為
(2)法令、裁判所の判決・決定・命令、法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
(3)公序良俗に反する行為、犯罪的行為、これを教唆、ほう助、助長、予告する行為又はそのおそれのある行為
(4)選挙活動、又はこれに類する行為、その他の政治及び宗教に関するあらゆる行為
(5)当社又は第三者になりすます行為
(6)事実に反する情報その他、公序良俗に反する、又はそのおそれのある情報を当社、他の利用者、又は第三者に対して提供・掲載・送信する行為
(7)当社の承認なく本サービスを通じて、又は本サービスに関連して営利を目的とする行為、又はその準備を目的とする行為
(8)ID、及びパスワードを不正に使用する行為
(9)本サービスに接続されている他のコンピュータ・システム又はネットワークへの不正アクセスを試みる行為
(10)通常利用の範囲を超えてサーバーに負担をかける行為、及びそれを助長するような行為、その他本サービスの運営・提供又は他の利用者による本サービスの利用を妨害し、又はそれらに支障をきたす行為
(11)真に取引する意思がないのに、あると装って出品又は購入する行為
(12)法律上必要とされる許可、認可、登録、届出を備えずに取引する行為、又は営業停止中に取引する行為
(13)本サービスにより利用しうる情報を改ざん・消去する行為、
(14)有効な法律行為を行う能力がないのに、出品又は購入する行為(法定代理人の同意によって能力が保管された場合を除きます)
(15)商品代金を支払う資力がないのに商品を購入する行為
(16)当社又は第三者の特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、営業秘密、名誉権、プライバシー権、肖像権その他一切の権利を侵害する行為。この際、第三者については個人・法人・私人・公人の別を問わず、第三者の特定については利用者ID、ニックネーム、本名等の記載形態、手段を問いません。
(17)性的な事物を連想させる言動、脅迫的な言動、暴力的な言動、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別的な言動、法に反した言動、低俗な言動、わいせつな言動、中傷的な言動、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引又は助長する言動、その他あらゆる不快感を与える言動を表示する行為
(18)本サービスに掲載されている情報や本サービスの改ざん、消去、他の実在する又は架空の人物へのなりすまし行為
(19)本サービスに出店しているメーカー・ブランドの画像の無断使用
(20)当社が定める以外の方法で、他の利用者及び第三者の個人情報を収集、蓄積、発信又は掲載する行為
(21)他の利用者又は当社もしくはその関連会社のプライバシーを侵害し、もしくは名誉を毀損又は精神的・肉体的・経済的損害を与える行為又は他の利用者が迷惑や不快感を感じる恐れのある行為
(22)取得した他の利用者の個人情報やプライバシー情報を、取引を履行する目的以外の目的で利用する行為
(23)他の利用者と紛争が生じる可能性のある行為
(24)当社が定める以外の方法で、本サービスの利用権を、現金、財物その他の経済上の利益と交換する行為
(25)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他の利用者に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為
(26)反社会的勢力等に対する利益供与その他の協力行為
(27)未成年者の人格形成等や健全な育成に悪影響を与える又は障害を及ぼすと判断される行為
(28)わいせつ、児童ポルノ又は児童虐待に相当する情報等を表示する行為、又はこれらの情報を集録した媒体を販売する行為、もしくはその送信、表示、販売を想起させる広告を表示又は送信する行為
(29)児童(18歳未満)を異性交際の相手方となるように誘う書き込みをする行為、又は大人に対し、児童との異性交際の相手方になるように誘う書き込みをする行為
(30)本サービスのID及びデータを貸与、譲渡、名義変更、売買、質入、又は第三者に利用を許可する行為、及び担保の用に供する行為
(31)当社の意図する目的ではない目的で本サービスを利用する行為
(32)商業用の広告、宣伝を目的とした行為。但し、当社が予め承諾した場合を除きます。
(33)当社の事前の書面による同意なく、当社が運営する以外のウェブサイトやリソースへリンクを貼ること
(34)当社及びサイト管理者側に支障を与えた又は支障を与える可能性のある一切の行為
(35)本サービスのバグ、システムの不具合等を不正に利用する行為
(36)デコンパイル、ディスアセンブル、リバースエンジニアリング等の方法により、本サービスを解析する行為又は、改ざん、修正等もしくは複製、二次利用をする行為
(37)複数のアカウントを作成する行為
(38)チートツール、bots、その他不正な利益を得ることを目的としたツールを使用する行為
(39)マネー・ロンダリングを目的とする行為
(40)一般的な経済価値と著しくかい離した販売価格により商品を出品すること
(41)利用者間でお互いの商品を値下げして購入し合う行為
(42)本サービス外で取引を進展させようと持ちかける行為
(43)成立した取引の履行を遅延させ、又は、円滑な履行を妨げる行為
(44)当社、当社の関連会社又は第三者の商標、ロゴ等を、自己を表すものとして使用する行為
(45)同じ商品を他社のサービスその他の方法によって二重に出品すること
(46)手元にない商品を予約・取り寄せで販売する行為
(47)商品を実物よりも良く見せるため商品画像を修正して掲載する行為
(48)商品の状態が不鮮明、不明瞭な商品画像を掲載する行為
(49)誤解を招くような不明瞭、不正確な商品の説明を掲載・発信する行為
(50)古物商間の売買又は交換
(51)当社に対して、同様の質問や問い合わせを繰り返す行為
(52)各種ソーシャルネットワークサービスの利用規約や法令に違反する行為
(53)投稿コンテンツに自己又は第三者のECサイトへのリンクを張りつける等、販売先ECサイト以外で商品が購入できる旨の告知、宣伝、広告をする行為(但し、当社が予め承諾した場合を除きます。)
(54)虚偽又は誤解を生じさせる情報又は事実(第三者に関する情報又は事実を含みますが、これに限りません。)を登録する行為
(55)虚偽の事実及び情報又は第三者の誤認・混同を生じさせる投稿コンテンツを投稿する行為
(56)コンピュータリソースの機能性を妨害、破壊、制限するコンピュータウイルス、コンピュータコード、ファイルまたはプログラムを送信する行為
(57)国家の統一、完全性、防衛、安全保障または主権を脅かす行為、対外国との友好関係や公の秩序を脅かす行為、法令に違反する行為の実行を誘引する行為、違法行為の捜査を妨げる行為、外国を侮辱する行為
(58)本サービスの運営を妨げる行為
(59)前各号に準ずる行為、及び前各号に該当するおそれのある行為
(60)その他、当社が不適切と判断した行為
13−2 当社は、禁止行為の有無を確認するために、利用者が掲載又は発信した情報・コンテンツを確認することができます。
13−3 利用者が禁止行為を行ったと当社が判断した場合、その他、利用者がSHOPLISTサービス利用規約等に違反して本サービスを利用していると当社が判断した場合、当社は、利用者に事前に通知することなく、以下に定める措置、その他当社が必要かつ適切と判断する措置を講じることができます。当該措置に関する質問・苦情は一切受け付けておりません。また、本条の措置により生じる損害について、当社は、一切の責任を負わないものとします。なお、当社は、利用者による禁止行為、その他の違反行為を防止又は是正する義務を負うものではありません。
(1)利用者に対する注意、警告
(2)利用者が掲載・発信した情報又はコンテンツの削除
(3)獲得したポイントの剥奪、商品代金の没収
(4)本サービスの全部又は一部の利用停止、本サービス上でアカウントを作成している場合には当該アカウントの削除、資格の取消
(5)その他、当社が必要又は適当と判断する措置

14.サービスの内容の変更・追加・廃止
当社は、利用者に事前の通知をすることなく、本サービスの内容の全部又は一部を変更、追加、廃止する場合があり、利用者はこれをあらかじめ承諾するものとします。なお、廃止する場合において、当社は可能な限りの範囲で、当社が適当と判断する方法で事前に利用者にその旨を通知するよう努めるものとします。

15.サービスの内容の中断・中止
15−1 当社は、次のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの提供の全部又は一部を一時的に中断することがあります。その際、利用者に損害が発生した場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。あらかじめいずれかの状況が想定される場合には、当社が適当と判断する連絡方法によって利用者に通知します。
(1)サーバー、通信回線、その他の設備の故障、障害の発生又はその他の理由により本サービスの提供ができなくなった場合。
(2) システム(サーバー、通信回線や電源、それらを収容する建築物などを含みます)の保守、点検、修理、変更を定期的に又は緊急に行う場合。
(3)火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
(4)天災、事変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがあるとき。
(5)戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等その他不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合。
(6)本サービスに障害が発生した場合。
(7)法令又はこれに基づく措置により本サービスの提供ができなくなった場合。
(8)その他、運用上又は技術上で当社がサービスの一時的中断が必要と判断した場合。
15−2 当社は、当社の事業判断により、利用者への事前通知をすることなく、いつでも本サービスの全部又は一部の提供を中断・終了及び変更できるものとします。
15−3 当社は、前項の措置による損害について、利用者及び第三者に対して一切責任を負わないものとします。

16.利用者への通知
当社は、本サービス利用経験があり商品情報メールマガジンの配信を希望する利用者に対し、定期的にメールマガジンの配信を行います。また、当社は当該メールマガジン以外に、全利用者に対してキャンペーンやセール情報・新サービスのお知らせなどを、サイト上での掲示や電子メールの送付、送付物への同梱などで通知できるものとします。尚その際、該当電子メールについては、その配信回数や時間などは制限無く送信する事ができるものとし利用者はこれをあらかじめ承諾するものとします。

17.広告
利用者は、本サービスを利用して行われる広告主又は他業者の販促行動、並びにこれらの販促行動に関連する約束、条件、保証などは、利用者と当該広告主又は他業者との間のものである事を確認するものとします。当社は、その広告主のリンク・サイト又は本サービスもしくはクライアント・ソフトウェアの使用により、利用者が広告主又は他業者に接触することや、これらの業者の行為については、一切の責任を負いません。利用者は当該接触の結果生じたいかなる損失・損害に関しても、当社が一切の責任を負わない事に同意するものとします。

18.個人情報の保護
18−1 当社は利用者の個人情報を適切に保護し、別途本サービス上に掲示するプライバシーポリシーを遵守します。利用者は、本サービスの利用の前に、本サービス上で、プライバシーポリシーを必ず確認し、その内容に同意した上で、本サービスを利用するものとします。
18−2 利用者は、当社が、製品サポートその他の利用者へのサービス向上のため、利用者の端末、オペレーティングシステム、アプリケーションソフトウェア、周辺ハードウェアを特定する情報や、本サービスの利用の統計値を収集、使用、保存及び送信できることに同意します。当社が利用者から取得するこれらのデータも、当社プライバシーポリシーに従って収集、使用、保存及び送信されます。
18−3 利用者は、個々の本サービスを通じて得た個人情報等に関して、当該個々の本サービスの利用の範囲内においてのみ利用することができ、それ以外の利用はできないものとします。
18−4 当社は、当社の権利・財産等の保護、犯罪行為からの人の生命、身体及び財産等の保護、あるいは児童の健全な育成及び保護の目的等から必要性があると当社が判断した場合には、裁判所、検察庁、警察、地方自治体、その他法令等で認められた権限を持つ機関に、利用者の許可なくログイン情報、端末情報、本サービス接続情報等、当該利用者に関する情報(以下「個人情報等」といいます)を開示・提供することができます。
18−5 本サービスの利用に際し、利用者は、当社が以下に定める場合に、個人情報等を利用者の事前の同意なく第三者に預託又は提供することにつき、あらかじめご承認いただくものとします。
(1)当社が定めている期間内で、コンテンツ、利用履歴及びプロフィール情報を本サービス上において公開する場合
(2)商品代金を回収する為に必要な場合
(3)合併や、その他の事由による事業の承継に伴って事業を承継する者に対して個人情報を提供する場合
(4)利用者間又は第三者とのトラブルを解決するために、当社が開示を必要と判断した場合
(5)その他プライバシーポリシーに定める場合
18−6 個人情報等を前二項に基づき第三者に預託又は提供したことによる利用者の損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
18−7 利用者は、本サービスに入力した個人情報等について、個人情報保護法の定める開示、訂正等又は利用停止の請求ができるものとし、当社所定の方法による請求が本人からであることが確認できる場合で、かつ当該請求に理由がある場合に限り、当社はこれに対応するものとします。

19.反社会的勢力等の排除
当社は、反社会的勢力等、及びこれらの者と密接な関わり(資金その他の便益提供行為を含みます)を有する者及びこれらに準じる者による本サービスの利用を禁止します。当社は、利用者がこれらの者に該当すると判断した場合、事前に当該利用者に通知することなく、本サービスの提供を停止することができます。当社は、この提供停止によって利用者に生じた損害や不利益について、一切の責任を負いません。

20.紛争
20−1 本サービスに関連して利用者間又は利用者と第三者間で発生したトラブル(本サービスを将来利用するという前提の下で起こったトラブルを含みます。)に関して、利用者は各自の費用及び責任で解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
20−2 前項に規定するトラブルにより当社が損害(弁護士費用を含みます)を被った場合は、当該トラブルの当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。

21.免責事項
21−1 当社は本サービスの内容、及び利用者が本サービスを通じて得る情報などについて、その完全性、正確性、確実性、有用性などのいかなる責任も負わないものとします。
21−2 当社はSHOPLISTサービス利用規約に明示的に定める場合を除き、当社の責に帰すべからざる事由から発生した損害、当社の予見の有無にかかわらず、特別の事情から生じた障害、逸失利益、及び第三者からの損害賠償請求に基づく利用者の損害についてはその責任を負いません。
21−3 当社は、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティ等に関する欠陥、通信障害、アクセス不能、エラーやバブ、コンピュータウィルス等有害なもの、権利侵害、利用者が創出したデータの喪失等を含みます)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社又は当社の従業員等が、利用者に対して口頭又は文書によって行った助言も、かかる瑕疵がないことを保証するものではありません。当社は、利用者に対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。
21−4 当社は、利用者が書き込んだ他のウェブサイト等へのURLにより、そのリンク先で生じた損害に関して、一切責任を負いません。
21−5 当社の過失(重過失を除きます)による債務不履行又は不法行為により利用者に生じた損害の賠償は、利用者に生じた損害のうち現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、かつ、利用者から当該損害が発生した月に当社が受領した本サービスの利用料金の総額を上限とします。
21−6 利用者は、利用者自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。利用者は、他の利用者が掲載又は発信した情報の正確性、信憑性、有用性、出品されている商品の実在、品質、適法性、安全性、取引の相手方となる他の利用者が真に取引する意思、取引を適切に履行する能力や資力を有しているか等について、ご自分で判断する必要があります。

22.損害賠償の請求
利用者がSHOPLISTサービス利用規約に反した行為又は不正もしくは違法に本サービスを利用することにより当社に損害を与えた場合、当社は当該利用者に対して相応の損害賠償の請求(弁護士費用を含みます)を行う場合があるものとします。

23.連絡方法
23−1 利用者が当社への連絡をご希望の場合は、当社が設けた問い合わせフォームに必要事項を記入していただくか、当社が指定するメールアドレス宛にメールにてお問い合わせいただくものとします。当社は、利用者からのお問い合わせに対しては、当社が別段の判断をする場合を除き、メールにてご回答いたします。
23−2 本サービスに関する当社から利用者への通知・連絡は、当社が運営するウェブサイト又はアプリケーション内の適宜の場所への掲示、その他当社が適当と判断する方法により行うものとします。当社は、個々の利用者に通知及び連絡をする必要があると判断した際、利用者情報の電子メールアドレス、住所又は電話番号に対し、メッセージング機能、電子メール、郵便又は電話等を用いて通知及び連絡を行うことがあります。当社からの通知及び連絡が不着であったり遅延したりといったことによって生じる損害について、当社は一切の責任を負いません。

24.分離可能性
SHOPLISTサービス利用規約の一部が法令等により無効と判断された場合であっても、無効部分以外の規定は引き続き有効に存続します。また、無効部分は、有効とするために必要最小限の範囲で修正され、意図した法律的効果と経済的効果が最大限確保されるよう解釈されるものとします。

25.準拠法
SHOPLISTサービス利用規約に関する準拠法は、日本法とします。

26.管轄裁判所
本サービスに関連して利用者と当社との間で紛争が生じ、協議によっても解決しない場合には、その訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

27.協議事項
利用者と当社間で、本サービスに関する問題が生じた場合は、双方誠意をもって協議を行い解決するものとします。尚、利用者はSHOPLISTサービス利用規約に定めのない事項について、別途当社が細目等を定めた場合、これに従うものとします。

以上
(2008年1月21日 制定)
(2017年9月14日 改訂)

第2編 SHOPLISTサービス個別規約

『SHOPLIST.com by CROOZ』サービス利用規約

1.本サービスの利用
1−1 『SHOPLIST.com by CROOZ』サービス利用規約(以下『SHOPLIST.com by CROOZ』サービス利用規約において「本規約」といいます。)は、当社が提供するSHOPLIST.com by CROOZにおける商品販売サービスに関する事項を定めたサービス個別規約です。
1−2 利用者(次項で定義し、以下同様です。)は本規約及び当社が別途定めるプライバシーポリシーやSHOPLISTサービス共通規約を承認の上、本サービス(次項で定義します。)を利用するものとします。利用者は、本サービスを利用することにより、本規約及び当社が別途定めるプライバシーポリシーやSHOPLISTサービス共通規約に同意をしたものとみなされます。
1−3 本規約において使用する用語を以下のように定めます。その他の用語の定義については、別段の定めがない限り、SHOPLISTサービス共通規約における定義に従います。
(1) 「本サービス」とは、当社が運営を行う「SHOPLIST.com by CROOZ」における商品販売サービスいいます。
(2) 「利用者」とは、購入者か否かに関わらず、本サービスにアクセスし、本サービスの提供するサービスを受けることの出来るすべての人をいいます。
(3)「会員」とは、本サービス所定の会員登録を済ませた利用者をいいます。
1−4 利用者は本サービスを利用して商品購入の申込を行う場合には、SHOPLISTサービス共通規約に定める会員登録を行うものとし、当社の定める方式に従い必要事項を届け出る必要があります。なお、取引情報の通知については画面上での表示をもって行い、別途書面等の交付は行わないことをご承諾いただくものとします。
1−5 本サービスの一部に成人向けの内容を含んだサービスがあった場合、該当するサービスの利用は18歳以上の方に限らせていただきます。
1−6 利用者が未成年者である場合、利用者は、本サービスの一切の利用について、親権者等法定代理人の同意を得なければなりません。未成年者の利用者が、本規約に同意して本サービスを利用した場合には、当社は当該行為に起因して生じた全ての責任を負わず、他の利用者及び第三者に与えた損害は、全て利用者自身の責任において解決するものとします。未成年者の行為については保護者の責任において行動されたものとみなします。
1−7 本サービスへのアクセスポイントは、別段の定めがある場合を除き、日本国内とし、その他の諸条件については、別途当社が指定するところによるものとします。

2.本サービスにおける商品の購入、商品の返還・交換
2−1 会員は、当社所定の方法により、本サービスを通じて当社から商品等の購入を申し込み当社がそれを承諾した時点で、当該会員と当社の間で当該商品等の売買契約(会員の発注行為と当社の受注行為)が成立するものとします。なお、個別の商品等の購入に際して、会員は本サービスのサイト上にある「特定商取引法に基づく表示」「プライバシーポリシー」及び各商品に関する表示内容を必ず確認するものとします。
2−2 前項の定めにかかわらず、本サービスの利用に関して不正な行為又は不適当な行為があった場合、その他本規約に反する事由が判明した場合は、当社は売買契約について取消、解除その他適切な措置を取ることができるものとします。
2−3 本サービスによる商品等の配送は、当社が別段の定めを行う場合を除き、日本国内に限るものとします。
2−4 本サービスに関し、商品の返品及び交換は承っておりません。ただし、以下の場合には、返品・交換を受け付けます。
(1)商品の欠陥や不良など当社原因による場合
この場合の返品期限は、商品到着後8日間以内に当社の指定する方法により、当社に通知するものとし、当社は良品もしくは代替品と交換、又はこれに応じられない場合は支払い方法に関わらず、ご指定の口座に返金するものとします。当該商品の返送及び再送に要する送料等は、当社負担とします。尚、衣類等のアパレル商品に関してはタグ(商品荷札)を切り離すと返品無効となり、当社原因を含むいかなる理由であっても返品には一切応じられませんので、その旨あらかじめご了承いただくものとします。
(2)その他当社が独自に定める場合
この場合の対象商品、適用条件、返品期限、手続その他の条件については、「特定商取引法に基づく表示」「プライバシーポリシー」その他の関連する案内に定めるものとし、会員は、それらの表示内容を必ず確認した上でご了承いただくものとします。
2−5 未成年者の購入についても、前条6項で定めるとおり、保護者の責任において購入したものとみなされますので、商品の返品及び交換は承っておりません。
2−6 当社は、受領不可、受領拒否、本条第4項に定める場合以外に商品を返品する等、会員が正当な理由なく商品を当社に返送した場合、相当の期間を定めて当該商品の受け取りについて会員に対して指示を求めるものとします。当社は、相当の期間内に会員より当該商品の受け取りに関する指図がない場合、当該商品の返送があったことを当社が確認した日から起算して、当社の定める相当な期間、当該商品を保管します。
2−7 当社は、前項の当社の定める相当な期間内に会員より当該商品の受け取りに関する指示がない場合、廃棄その他当社の定める処分方法により当該商品を当社の任意に処分するものとします。この場合、当社は会員に対して一切の責任を負わず、また、商品代金の返金も行わないものとします。
2−8 当社は、第6項の当社の定める相当な期間内に会員より商品の再送の求めがあった場合、当該商品を現状有姿で引渡すものであり、当該商品の状態(商品の変形・変質、消耗、毀損又は腐敗等を含みますがこれらに限られません)について一切の責任を負わず、また、商品代金の減額および返金も行わないものとします。

3.支払方法
3−1 本サービスにおける商品等の支払は、当社が別途本サービス上で定める方法のいずれかを選択して行うものとします。
3−2 当社は、本サービス上で表示した支払方法の提供を会員に保証するものではありません。また、会員と、クレジットカード会社その他の決済会社等との間で何らかの紛争が生じた場合は、会員と当該決済会社等との間で解決するものとします。

4.免責
4−1 当社は、本サービス及び本サービスで提供するさまざまなサービスの維持・継続を保証するものではありません。
4−2 当社は、配送先不明等によるトラブルに関しては、会員が登録している連絡先に連絡すること及び、商品購入の際に指定された配達先に商品等を配送等することにより、商品等の引渡債務を履行し、当該債務から免責されるものとします。

以上
(2008年1月21日 制定)
(2017年2月10日 改訂)


『SHOPLIST USED』フリマ(ユーザー間取引)サービス利用規約

1.本サービスの利用
1−1 『SHOPLIST USED』フリマサービス利用規約(以下『SHOPLIST USED』フリマサービス利用規約において「本規約」といいます。)は、当社が提供するSHOPLIST USEDにおけるフリマサービス(第3項で定義し、以下同様です。)に関する事項を定めたサービス個別規約です。
1−2 利用者(第3項で定義し、以下同様です。)は本規約、当社が別途定めるプライバシーポリシー及びSHOPLISTサービス共通規約を承認の上、フリマサービスを利用するものとします。利用者は、フリマサービスを利用することにより、本規約、当社が別途定めるプライバシーポリシー及びSHOPLISTサービス共通規約に同意をしたものとみなされます。
1−3 本規約において使用する用語を以下のように定めます。その他の用語の定義については、別段の定めがない限り、SHOPLISTサービス共通規約における定義に従います。
(1)「フリマサービス」とは、当社が運営を行うアプリケーション「SHOPLIST USED」において当社が提供するフリーマーケットサービスをいいます。
(2)「購入者」とは、当社の定める手続きに従って商品の購入を申し込んだ方をいいます。
(3)「利用者」とは、購入者か否かに関わらず、フリマサービスにアクセスし、フリマサービスの提供するサービスを受けることの出来るすべての人をいいます。
(4)「会員」とは、フリマサービス所定の会員登録を済ませた利用者をいいます。
(5)「出品者」とは、フリマサービスを通じて商品を出品する利用者をいいます。
1−4 利用者はフリマサービスを利用して商品購入の申込を行う場合には、SHOPLISTサービス共通規約に定める会員登録を行うものとし、当社の定める方式に従い必要事項を届け出る必要があります。なお、取引情報の通知については画面上での表示をもって行い、別途書面等の交付は行わないことをご承諾いただくものとします。
1−5 フリマサービスは、利用者に対して、他の利用者との間で商品を売買する機会を提供するサービスです。利用者は、フリマサービスを利用して、他の利用者に商品を販売したり、他の利用者から商品を購入したりすることができます。商品の売買契約は、その商品を販売する利用者と購入する利用者との間で成立します。当社は、商品の売買契約の当事者ではなく、売買の委託を受けるものでもありません。したがって、利用者間の売買契約、出品、購入等に関する保証等、取引に関する一切の事項は、すべて利用者の自己責任とし、当社は売買契約の取消し、解約、解除や返品、返金、保証等取引の遂行には一切関与しません。
1−6 利用者が未成年者である場合、利用者は、フリマサービスの一切の利用について、親権者等法定代理人の同意を得なければなりません。未成年者の利用者が、本規約に同意してフリマサービスを利用した場合には、当社は当該行為に起因して生じた全ての責任を負わず、他の利用者及び第三者に与えた損害は、全て利用者自身の責任において解決するものとします。未成年者の行為については保護者の責任において行動されたものとみなします。
1−7 フリマサービスへのアクセスポイントは、別段の定めがある場合を除き、日本国内とし、その他の諸条件については、別途当社が指定するところによるものとします。
1−8 当社は、以下各号のいずれかに該当する場合、利用者登録の申請を承認しないことがあります。
(1)未成年者について、フリマサービスを利用して取引を行うことについて、法定代理人から適切な同意を取得していない場合
(2)過去に本規約違反等により、当社から利用停止等の処分を受けている場合(フリマサービス以外のサービスにおける処分を含みます。)
(3)登録内容に正確ではない情報、又は虚偽の情報が含まれている場合
(4)当社の運営・サービス提供又は他の利用者の利用を妨害、支障をきたす行為を行った場合やそのおそれがあると当社が判断した場合
(5)暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これに準じる反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」といいます)であると判明した場合又は反社会的勢力等が経営に実質的に関与している法人等であると判明した場合
(6)その他当社が不適当であると判断する場合
1−9 当社は、利用者が以下の各号のいずれかに該当した場合又は該当したと当社が判断した場合、事前の通知なしに、利用者の登録の取消、フリマサービスの全部もしくは一部へのアクセスの拒否・利用停止等、又は、利用者に関連するコンテンツや情報の全部もしくは一部の削除の措置をとることができるものとします。
(1)法令又は本規約に違反した場合
(2)不正行為があった場合
(3)登録した情報が虚偽の情報であると当社が判断した場合
(4)本規約上必要となる手続又は当社への連絡を行わなかった場合
(5)登録した情報が既存の登録と重複している場合
(6)登録した携帯電話番号又はメールアドレスが不通になったことが判明した場合
(7)利用者が債務超過、無資力、支払停止又は支払不能の状態に陥った場合
(8)利用者について破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはその他適用ある倒産手続開始の申立が行われた場合又は解散もしくは営業停止状態である場合
(9)他の利用者や第三者に不当に迷惑をかけた場合
(10)登録した金融機関の口座に関し違法または不適切その他の問題のあることが当該金融機関による指摘その他により判明した場合
(11)第1条第10項各号のいずれかに該当する場合
(12)決済事業者又は収納代行業者のいずれか一方または双方から、利用者によるフリマサービスの利用停止をさせるよう要請があった場合又は利用者に対する決済・収納代行サービスの提供停止措置が取られた場合
(13)利用者が自ら又は第三者をして、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風評を流布し、偽計を用い又は威力を用いて、信用を毀損又は業務を妨害する行為をした場合
(14)その他当社が利用者に相応しくないと判断した場合

2.出品
2−1 会員は、フリマサービスにおいて、当社所定の手続に従い商品を出品することができます。出品した商品は、他の会員が商品を購入するまで、出品を取り消すことができます。
2−2 出品者は、次の各号に関係する商品の出品ができないことについて予め了承します。以下に該当する商品を出品した場合は、出品者の故意又は過失に関わらず、本規約違反行為とみなします。
(1)法令に違反する商品
(2)主として武器に使用される又はそのおそれのある目的を持つ商品
(3)他の利用者の権利を侵害する又はそのおそれのある商品(偽ブランド品を含むがこれに限られないものとします)
(4)犯罪等によって入手した商品
(5)公序良俗に反する商品(アダルト関連の商品、わいせつな商品、児童ポルノに関連する商品を含むがこれらに限られないものとします)
(6)人体・健康に影響を及ぼすおそれのある商品
(7)コンピュータウィルス等を含むデジタルコンテンツ
(8)道路運送車両法上の所有者の変更登録が直ちにできない又はそのおそれがある自動車及びオートバイ
(9)債券、有価証券、保険等の金融商品
(10)生物、人体、臓器、細胞、血液又はそれに類するもの
(11)盗品
(12)物品ではないもの(情報、サービスの提供、会員権などの権利を含むがこれに限られないものとします)
(13)その他、当社が指定する条件を満たさない、または当社が不適切と判断した商品
2−3 会員は、出品する際に、真に売却する意思のない出品、その商品情報だけでは正しく商品を理解できない又は混乱する可能性のある出品、商品説明で十分な説明を行わない出品等を行ってはなりません。また、出品者は、出品する商品と関係のない画像等を当該出品情報として掲載してはいけません。
2−4 会員は、出品にあたっては、古物営業法、特定商取引に関する法律、不当景品類及び不当表示防止法、不正競争防止法、商標法、著作権法その他の法令を遵守しなければなりません。
2−5 会員は、他の特定の会員のみを対象とする販売を意図して商品を出品することができません。
2−6 出品に関して当社が本規約に違反すると判断した場合又は不適切と判断した場合、当社は、第1条第9項に定める措置のほか、その出品行為やその出品に対して発生していた購入行為等を当社の判断で取り消すことができるものとします。本項に基づく措置によって会員に生じる損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
2−7 会員の出品等によって、利用者及び第三者に生じる損害につき、当社は一切責任を負わないものとします。

3.フリマサービスにおける商品の購入
3−1 会員は、フリマサービスにおいて、当社が定める購入手続にしたがって、出品されている商品を購入することができます。
3−2 会員は、購入する意思のない注文、転売等の営利を目的とした商品の購入等と当社が判断した注文を行うことはできません。
3−3 出品者は、自らの出品物を購入することはできません。出品を取り下げたい場合、出品者は、当社所定の手続に従って行うものとします。
3−4 当社が定める取引開始可能な時間内に、当社の管理するサーバーに販売金額に関するデータ、販売意思のアクションデータなどの当社所定のデータの到達が確認できなかった場合、注文は無効になるものとし、会員はあらかじめこれを承諾するものとします。
3−5 会員の注文又は購入等によって、利用者及び第三者に生じる損害につき、当社は一切責任を負わないものとします。

4.支払
4−1 出品者と購入者の売買契約は、購入者が購入手続を完了した時点で成立するものとします。出品者及び購入者は、売買契約に基づき発生した権利・義務を第三者に譲渡、担保提供その他の処分することはできません。
4−2 売買契約が成立した場合、購入者は、当社の定める方法により商品代金と手数料の合計額を支払うものとします。送料は、出品者が負担する場合には商品代金に含むものとし、購入者が負担する場合には、商品の発送を着払いで行うものとします。
4−3 出品者は、購入者の支払手続が完了した後、速やかに商品の発送を行い、発送したことを、当社が定める方法で、購入者に通知するものとします。出品者は、購入者が商品の発送先として郵便局内私書箱・私設私書箱等、商品の受領確認が不明確となる住所を指定した場合は、当該住所に商品を発送しないものとし、購入者に対し、有効な発送先の指定がないため商品の発送ができない旨を連絡するものとします。
4−4 購入者は、出品者から商品を受領した場合、直ちに商品の数量、内容、品質、瑕疵の有無等を確認し、商品に問題がない場合、当社が定める方法で、速やかに、商品を受領したことを出品者に通知するものとします。
4−5 出品者、購入者の間で商品の売買等に関してトラブルが発生した場合は、会員間で解決するものとします。ただし、当社の判断により、当社も協議に入ることができるものとします。
4−6 商品の注文後のキャンセルは当社が別途の手続きを定める場合を除き、できないものとします。商品に瑕疵がある場合、商品説明と実際の商品が明らかに異なる場合、梱包の不備により配送時に商品が破損したなどの場合は出品者が責任を負うものとし、出品者の責任及び費用により、返金、修理又は交換等の対応を行うものとします。
4−7 支払手続
(1)支払又は決済がフリマサービスに関して必要となる場合、フリマサービスのオンラインシステムを通じて行われるものとし、その詳細はフリマサービス中のガイドで定められるところに従うものとします。なお、当社は、フリマサービス利用に関し、利用者によって支払われた代金決済についての領収書等を発行することはできません。商品代金の領収書が必要な購入者は、購入手続を完了する前に、出品者に確認することをお勧めします。また、支払いに必要な振込手数料その他の費用についての利用者の負担は、フリマサービス中のガイドで定められるところに従うものとします。
(2)出品者は、当社が決済事業者及び収納代行業者を指定した場合には、当該決済事業者及び収納代行業者に対して、商品代金を代理受領する権限を付与するものとします。
4−8 会員が本規約に従って必要な支払いを行わない場合もしくは遅延した場合又はフリマサービス内で入力したクレジットカードもしくは金融機関の口座の利用が停止された場合には、当社は、当該会員に通知することなく、当該会員によるフリマサービスの利用を停止することができるほか、SHOPLISTサービス共通規約第13条3項に定める措置をとることができるものとします。
4−9 売買契約が成立した場合においても、当社は、以下の場合に、当該成立した会員間の取引の取扱いを中止することができます。
(1)当社が定める期限までに、購入者が支払手続を完了させなかった場合
(2)当社が定める期限までに、出品者が発送手続を完了させなかった場合
(3)当社が会員間の取引について問題の報告を受け、取扱中止が適当であると判断した場合
4−10 取扱中止後の会員間の取引に関する問題は、会員自身の費用と責任で解決しなければならず、当社に問題の解決を求めることはできません。当社は、取扱中止によってフリマサービスの利用者に生じた損害や不利益について、一切の責任を負いません。利用者がフリマサービス内に入力した決済手段もしくは金融機関の情報が第三者に利用されたこと、入力情報の内容が不正確であったこと又は当社が本条に基づく措置を行ったこともくしは行わなかったことによって利用者に生じた損害に関して、当社は一切責任を負わないものとします。

5.評価
5−1 購入者は、出品者より送付を受領した商品を速やかに確認し、当社所定の方式に従い、出品者を評価するものとします。
5−2 購入者が出品者を評価した後、当社所定の方式に従い出品者は購入者を評価するものとします。

6.利用料、売上金の引き出し及びポイント変換
6−1 出品者は、当社に対し、出品した商品の売買契約が成立した場合、フリマサービスの利用料として、別途当社が定める料率及び方式に従い利用料を支払うものとします。
6−2 フリマサービスの利用料は、商品代金から差し引く方法により徴収されるものとし、出品者は、当社が当該方法により利用料を徴収することにつき、予め同意するものとします。
6−3 出品者は、出品した商品の売買契約が成立し、当該売買契約に関する支払及び商品の発送が行われ取引が完了した場合、当該取引完了時から1年以内に、当該商品の商品代金の振込申請又は当社が定める換算率にて、売上金をポイントに変換することができます。
6−4 出品者は、取引完了時から1年以内に商品代金の振込申請を選択したときには、出品者は別途フリマサービス上で定める振込手数料を支払うものとします。また、当社、決済事業者および収納代行業者は、出品者が誤った振込先銀行口座を指定したことにより生じた損害や不利益について、一切の責任を負いません。
6−5 出品者は、以下の場合に、当社が商品代金の返還を請求することができるものとし、既に出品者の売上として表示されている商品代金額を削除し、又は既に変換されたポイントの剥奪を行うことを承諾するものとします。返還にかかる振込手数料等の費用は、出品者の負担とします。
(1)取扱中止となった商品の取引が完了した場合
(2)出品者又は購入者以外の第三者によるなりすまし等、商品の売買に不正な行為があった場合
(3)決済事業者又は収納代行業者が当社に対して商品代金相当額の返還を請求した場合
6−6 出品者は、当該取引の完了時から1年以内に、売上金の振込申請又はポイントへの変換を行うものとします。当該期間を経過した商品代金額がある場合、当社は、当該会員が商品代金を振込申請又はポイントに変換する権利を放棄したものとみなすことができるとともに、当該措置により生じる損害について、当社は、一切の責任を負わないものとします。

7.フリマサービスの終了
7−1 当社が、フリマサービスを終了する時点で、未受領の商品代金総額が振込手数料に満たない場合、当社は、出品者が商品代金を受領する権利を放棄したものとみなすことができます。
7−2 当社は、前項の措置による損害について、利用者及び第三者に対して一切責任を負わないものとします。

以上
(2017年2月10日 制定)


『SHOPLIST USED』提携会社による買取サービス利用規約

1.買取サービスの利用
1−1 『SHOPLIST USED』買取サービス利用規約(以下『SHOPLIST USED』買取サービス利用規約において「本規約」といいます。)は、当社が提供する本サービス(第3項で定義します)に関する事項を定めたサービス個別規約です。
1−2 利用者(第3項で定義し、以下同様です。)は、SHOPLISTサービス共通規約及び本規約を承認の上、買取サービス(第3項で定義し、以下同様です。)を利用するものとします。利用者は、買取サービスを利用することにより、SHOPLISTサービス共通規約及び本規約に同意をしたものとみなされます。
1−3 本規約において使用する用語を以下のように定めます。その他の用語の定義については、別段の定めがない限り、SHOPLISTサービス共通規約における定義に従います。
(1)「買取サービス」とは、当社が運営を行うアプリケーション「SHOPLIST USED」において提携会社が提供する物品買取サービスをいいます。
(2)「利用者」とは、購入者か否かに関わらず、買取サービスにアクセスし、買取サービスの提供するサービスを受けることの出来るすべての人をいいます。
(3)「会員」とは、買取サービス所定の会員登録を済ませた利用者をいいます。
(4)「買取希望者」とは、買取サービスを通じて商品の買取を希望する利用者をいいます。
(5)「提携会社」とは、買取サービスを提供する株式会社ベクトルをいいます。
1−4 買取サービスは、当社が提供するアプリケーションを通じて、当社と提携する提携会社が運営・提供する物品買取サービスを提供するものです。ご利用にあたっては、取引先が当社ではなく提携会社である点に十分ご留意の上、手続きをおすすめください。
1−5 利用者は、第1項に定めるほか、提携会社が別途定めるプライバシーポリシーに同意した上で、買取申込に必要な個人情報を、当社及び提携会社に提供することをあらかじめ承諾するものとします。

2.買取りの申込み、梱包及び発送
2−1 物品の買取りについて、提携会社への申込を希望する買取希望者は、当社の指定する方法により、必要事項を登録の上、買い取り希望物品の提携会社への発送を申し込むものとします。なお、当該物品の引渡しにより当該物品に関する買取契約が成立するものではなく、買取契約の成立は、買取希望者から受領した物品について、提携会社が買取りの意思及び金額を提示した物品について、買取希望者がその金額に合意した時に成立します。
2−2 買取希望者は、提携会社から送られた配送用キットを使用して、買取を希望する物品を、提携会社に発送する方法で引き渡すものとします。なお、1回の申込で発送できる最大量は提携会社規定の大サイズの段ボール2箱までとなります。
2−3 提携会社の規定により、複数の申込・取引を並行して行うことはできません。万一、別途申込を行い取引中の買取依頼案件が継続している状態で新しい申込を行われた場合は、新規に行われた申込は無効となります。
2−4 買取希望者は、物品の引き渡しに際し、ポケットなどに残存物(現金、各種貴重品、カード類、鍵、ハンカチーフ等)が残らないよう確認する義務を負うものとし、これらの残存物に関して発生した損害について、提携会社及び当社は一切責任を負いません。
2−5 物品と一緒に提携会社に引き渡された各種付属品(袋・レシート・化粧箱・クリーニング袋・ハンガー・その他物品価値の維持に直接には関係がないと提携会社が判断するもの)については、提携会社の判断でこれを破棄することができるものとし、買取希望者はこれに異議を申し立てることはできないものとします。
2−6 配送途中で破損が進行する可能性があるため、不良個所がある物品の買取申込は受け付けることができません。特に、鋲の取れかけたバッグ、ボタンが外れかけた衣類等(これらは例示であり、列記されたものに限られません。)については、十分確認をするものとしてください。 
2−7 物品の送付にあたっては、物品が破損等しないように、最善の方法で梱包しなければなりません。また、提携会社が物品を受領した時点で物品がすでに破損していたり、販売困難な状態にある場合、別途定める基準により販売できないと提携会社が認めた場合には、その旨を買取希望者に通知するものとし、買取希望者は、その判断により、当該物品の所有権を放棄し提携会社による引き取りを希望するか返却処理を希望するかを通知しするものとします。
2−8 前項の場合において、買取希望者が返却処理を選択した場合には、提携会社は遅滞なく当該物品を、第6条の定めに従って、買取希望者に返却するものとします。
2−9 物品が以下のいずれかに該当する場合には、買取申込をお受けできません。
(1)買取希望者本人の所有ではない物品
(2)クレジットカード、ショッピングクレジットのお支払が終了していない物品
(3)提携会社が別途定めるブランドリストに記載されているブランドの物品ではない物品
(4)カビ・シミ・ホツレ・穴等が発生しているもの
(5)全体若しくは一部の機能が壊れているもの又は物品の通常の使用ができないもの
(6)偽造品、盗難品その他第三者の権利を侵害している又は侵害していると疑われるもの
(7)法令により売買が禁止されているもの
(8)その他、提携会社が買取困難と判断したもの

3.買取価格の決定
3−1 提携会社は、物品を速やかに査定の上、買取希望者に対して当該物品の買取価格を評価査定し提示するものとします。なお、時期等の要因により査定に要する時間は変動場合がございますので、買取希望者はあらかじめ了承の上でお申し込むものとします。
3−2 未開封品の査定の場合は、中身の確認のため開封をいたします。対象の未開封物品が買取とならずに返送することとなった場合でも、当社及び提携会社は、開封により生じる責任は負わないものとします。未開封品の買取査定を申し込む場合は、あらかじめ開封されることについて同意の上で、物品を引き渡すものとします。
3−3 買取希望者は、市場状況や季節等の要因により買取価格に変動がある場合があることをあらかじめ了承するものとします。また、買取金額には、送付された物品の付属品等全てを含んだものとします。
3−4 買取希望者は、物品の個数は、提携会社が集計した個数をもって、買取希望者が送付した物品の個数とすることをあらかじめ了承するものとします。
3−5 提携会社の個別査定の基準に満たない物品については、おまとめで査定をさせていただく場合があります。
3−6 買取希望者は、提携会社の提示した買取価格での買取処理を承認するか、物品の所有権を放棄し提携会社による引き取りを希望するか、あるいは、返却処理を希望するかを通知するものとします。なお、提携会社からの買取金額の提示があった場合、当該提示から4日以内に承認または返品の選択をしない場合には、買取処理を承認したものと見做し手続きを行います。買取金額の提示後4日を経過し、自動承認された取引に関しては、理由のいかんを問わず、物品の返却ができなくなりますため、あらかじめ了承の上で申込を行っていただく必要があります。
3−7 前項の場合において、買取希望者が返却処理を希望する場合は、第6条が適用されるものとします。
3−8 住所若しくはアドレス変更または機種変更等により買取希望者が第1項の評価額を確認できない場合といえども、評価額のお知らせ後4日以内に買取希望者から評価額への同意若しくは指定の通知がなされない場合には、本条第6項が適用されますので、買取希望者は自己の責任において、確認環境を維持継続するものとします。
3−9 第6項の場合において、買取希望者が買取処理を希望する場合、提携会社の買取提案金額に基づいて買取希望者がこれを承諾する旨の意思表示をした時点において、提携会社と買取希望者との間で当該物品に関する売買契約が成立し、物品の所有権が提携会社に移転するものとします。

4.本人確認
4−1 提携会社に対し買取の申込をいただく際には、古物営業法及び犯罪による収益の移転防止に関する法律に基づき、当社または提携会社が別途指定する方法による本人確認をさせていただきます。申込や配送が完了している場合であっても、本人確認が終了するまでは、取引を保留とさせていただきます。また、本人確認に際しては、本人確認の証明資料として提示された住所と提携会社が配送キットを送付した住所とが一致していることが必要となります。
4−2 本人確認ができなかった場合には、買取サービスを利用することはできません。買取希望者が日本国内に住所を有しない場合には、原則として本人確認ができませんのでご留意ください。
4−3 査定申込み後に、虚偽の内容を登録したことが判明するなど、提携会社が買取サービスの提供ができないと判断する場合、提携会社よりその旨を通知の上、査定申込みに関する登録情報を抹消する場合があります。この場合、既に買取が成立した物品がある場合には、当社又は提携会社は第5条第5項に定める措置を行えるものとし、買取希望者は、当該規定に基づく代金の精算をすることに承諾するものとします。
4−4 買取サービス利用対象者は、本規約に定めるもののほか、提携会社の定める以下の属性に該当していないことが必要となります。
(1)未成年者(但し、保護者の同意がある場合はこの限りではありません。)
(2)提携会社所定の有効な身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポート等)を持っていない方
(3)日本国内に定住住所を持っていない方

5.利用料、売上金の振込申請及びポイント変換
5−1 買取希望者は、当社に対し、買取希望物品の売買契約が成立した場合、買取サービスの利用料として、別途当社が定める料率及び方式に従い利用料を支払うものとします。
5−2 買取サービスの利用料は、売上金から差し引く方法により徴収されるものとし、買取希望者は、当社が当該方法により利用料を徴収することにつき、予め同意するものとします。
5−3 買取希望者は、買取申込みした物品の売買契約が成立した場合、売買代金相当額より利用料相当額を差し引いて算出される売上金を受け取ることができ、当該取引完了時から1年以内に、当該商品の商品代金の振込申請又は当社が定める換算率にて、SHOPLISTポイントに変換することができます。
5−4 買取希望者は、取引完了時から1年以内に売上金の振込申請を選択するときには、別途ガイドにおいて定める振込手数料を支払うものとします。また、当社、決済事業者および収納代行業者は、買取希望者が誤った振込先銀行口座を指定したことにより生じた損害や不利益について、一切の責任を負いません。
5−5 買取希望者は、以下の場合に、当社または提携会社が売上金の返還を請求することができるものとし、既に買取希望者の売上として表示されている売上金額を削除し、又は既に変換されたポイントの剥奪を行うことを承諾するものとします。返還にかかる振込手数料等の費用は、買取希望者の負担とします。
(1)買取物品が、第2条第7項に該当する場合
(2)他人物の売買、第三者によるなりすまし等、物品の売買に不正な行為があった場合
5−6 買取希望者は、当該取引の完了時から1年以内に、売上金の振込申請し又はポイントへの変換を行うものとします。当該期間を経過した売上金がある場合、当社は、当該買取希望者が売上金を振込申請し又はポイントに変換する権利を放棄したものとみなすことができるとともに、当該措置により生じる損害について、当社及び提携会社は、一切の責任を負わないものとします。

6.返送手続き
6−1 買取金額の提示後、物品の返却・返送を希望する場合は、提携会社より速やかに返送・返却を行うものとします。
6−2 買取価格の提示の際に個別の査定金額を提示した物品に関しては、個別での一部査定品の返却を提携会社に申し込むことができます。
6−3 複数の買取希望物品をおまとめして査定金額を設定している場合、該当のおまとめ査定品の一部のみの返却・返送をすることは、できません。
6−4 返送先住所は、登録住所に限られます。
6−5 買取希望者から引き渡された物品の返却・返送の際、何らかの原因により返却物品の買取希望者による受取りが行われず、当社または提携会社に返送された場合には、当社または提携会社に運送会社から返却された日から3日を経過した場合、当社または提携会社において、当該返却物品を処分するものとします。
6−6 買取希望者から引き渡された物品の返却・返送の際、何らかの原因で、返却先住所が判明せず返却に係る配送自体を行うことができない場合は、買取価格提示日後1ヶ月の経過をもって、当該配送困難な返却物品を処分するものとします。
6−7 買取希望者が電子メールの設定でドメイン指定受信等などの設定をしている場合その他買取希望者の責に帰すべき事由により、提携会社からのご連絡が届かない場合であっても、買取希望者の自己責任として、本条に従った処理を行いますのでご注意ください。
6−8 物品の配送または返送によって発生する送料は、原則提携会社が負担するものとします。但し、以下の各号に該当する場合については、ユーザー負担となります。
(1)申し込みを行わずに物品を提携会社に送付した場合
(2)空港便等、別途料金がかかる配送方法によって配送をされた場合
(3)意図的に買取サービスの対象外商品のみを配送されたと提携会社が判断した場合
6−9 返却・返送された買取希望物品については、買取希望者への返送が完了した日から4日が経過した以降は、当社及び提携会社は、返送となった物品の数量・品質に関する相違の主張、廃棄される又は廃棄された物品の返却の要求その他一切の問題について、異議を受け入れないものとします。
6−10 長期不在等の理由により当社または提携会社に返却物品が返送された場合、その後提携会社の対応可能期間内に買取希望者が再送を希望する場合は、1箱について往復送料として1,400円(税込)を負担いただくものとします。
6−11 長期不在等の理由により当社または提携会社に返却物品が返送された場合で、その後買取希望者が改めて提携会社の提示買取価格での買取を希望し、提携会社が承認する場合は、返却物品が当社または提携会社に返送された際の送料相当額を、別途買取希望者に負担いただくものとします。

7.買取サービスにおける責任について
7−1 買取希望物品の配送中に、提携会社に起因する事由により対象物品を破損、紛失した場合には、客観的かつ合理的根拠に基づいた買取希望者による立証がされた場合に限り、市場価格をもとに提携会社が算出した金額を保証するものとします。
7−2 提携会社は、買取希望者が梱包したと主張する物品の点数と、提携会社に納入された物品の点数とに相違がある場合は、当該物品を発送した事実及びその内容(アイテム名、ブランド、カラー、サイズ、点数等、提携会社が要請する情報を含む)が正確に記された書面の控えを買取希望者が保有しているなどの場合を除き、一切の責任を負いませんので、予めご了承の上でサービスをご利用ください。
7−3 買取物品の価値に直接かかわらないと提携会社が判断する付属品に関する保証は行われません。
7−4 故障や時間の経過、移動に伴う事前劣化は補償の対象外となります。
7−5 提携会社は、本規約に定める場合及び提携会社が個別に了承する場合を除き、買取希望者が主張する逸失利益、間接損害、特別損害、弁護士費用その他の本規約に定めのない損害を賠償しません。
7−6 地震、台風、落雷、火事、大雪、津波、洪水、その他の自然災害、戦争、暴動、内乱、テロ、労働争議、その他の不可抗力事由によって、第3条第9項に定める買取希望物品の提携会社への所有権移転前に生じた物品の滅失、汚損、破損、減量、変質その他一切の損害は、提携会社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、買取希望者の負担となります。

8.買取希望者は、提携会社に買取申込を行うにあたり、以下のいずれかに該当する行為をしてはなりません。
(1) 当社、提携会社、会員その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)
(2) 当社、提携会社、会員その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法による買取申込をすること
(3) パスワード及びIDを第三者に譲渡、貸与等すること又は第三者に使用させ若しくは共有すること
(4) 偽造品、盗難品その他第三者の権利を侵害していると疑われるものにつき、その事実を知りながら当社及び提携会社に告知しないこと
(5) 犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為
(6) 法令又は当社若しくは提携会社が所属する業界団体の内部規則に違反する行為
(7) 買取サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為
(8) 提携会社による買取サービスの運営を妨害するおそれのある行為
(9) その他、当社又は提携会社が不適切と判断する行為

以上
(2017年2月10日 制定)
(2017年8月2日 改定)


『SHOPLIST USED』当社によるアウトレット商品販売サービス利用規約

1.本サービスの利用
1−1 『SHOPLIST USED』アウトレット商品販売サービス利用規約(以下『SHOPLIST USED』アウトレット商品販売サービス利用規約において「本規約」といいます。)は、当社が提供するSHOPLIST USEDにおけるアウトレット商品販売サービスに関する事項を定めたサービス個別規約です。
1−2 利用者(次項で定義し、以下同様です。)は本規約及び当社が別途定めるプライバシーポリシーやSHOPLISTサービス共通規約を承認の上、本サービス(次項で定義します。)を利用するものとします。利用者は、本サービスを利用することにより、本規約及び当社が別途定めるプライバシーポリシーやSHOPLISTサービス共通規約に同意をしたものとみなされます。
1−3 本規約において使用する用語を以下のように定めます。その他の用語の定義については、別段の定めがない限り、SHOPLISTサービス共通規約における定義に従います。
(1)「本サービス」とは、当社が運営を行う「SHOPLIST USED」におけるアウトレット商品販売サービスいいます。
(2)「利用者」とは、購入者か否かに関わらず、本サービスにアクセスし、本サービスの提供するサービスを受けることの出来るすべての人をいいます。
(3)「会員」とは、本サービス所定の会員登録を済ませた利用者をいいます。
1−4 利用者は本サービスを利用して商品購入の申込を行う場合には、SHOPLISTサービス共通規約に定める会員登録を行うものとし、当社の定める方式に従い必要事項を届け出る必要があります。なお、取引情報の通知については画面上での表示をもって行い、別途書面等の交付は行わないことをご承諾いただくものとします。
1−5 利用者が未成年者である場合、利用者は、本サービスの一切の利用について、親権者等法定代理人の同意を得なければなりません。未成年者の利用者が、本規約に同意して本サービスを利用した場合には、当社は当該行為に起因して生じた全ての責任を負わず、他の利用者及び第三者に与えた損害は、全て利用者自身の責任において解決するものとします。未成年者の行為については保護者の責任において行動されたものとみなします。
1−6 本サービスへのアクセスポイントは、別段の定めがある場合を除き、日本国内とし、その他の諸条件については、別途当社が指定するところによるものとします。

2.本サービスにおける商品の購入、商品の返還・交換
2−1 会員は、当社所定の方法により、本サービスを通じて当社から商品等の購入を申し込み当社がそれを承諾した時点で、当該会員と当社の間で当該商品等の売買契約(会員の発注行為と当社の受注行為)が成立するものとします。なお、個別の商品等の購入に際して、会員は本サービスのサイト上にある「特定商取引法・古物営業法に基づく表記」「プライバシーポリシー」及び各商品に関する表示内容を必ず確認するものとします。
2−2 前項の定めにかかわらず、本サービスの利用に関して不正な行為又は不適当な行為があった場合、その他本規約に反する事由が判明した場合は、当社は売買契約について取消、解除その他適切な措置を取ることができるものとします。
2−3 本サービスによる商品等の配送は、当社が別段の定めを行う場合を除き、日本国内に限るものとします。
2−4 本サービスに関し、商品の返品及び交換は承っておりません。ただし、以下の場合には、返品を受け付けます。
(1)商品の欠陥や不良など当社原因による場合
具体的な方法についてはお問い合わせください。

3.支払方法
3−1 本サービスにおける商品等の支払は、当社が別途本サービス上で定める方法のいずれかを選択して行うものとします。
3−2 当社は、本サービス上で表示した支払方法の提供を会員に保証するものではありません。また、会員と、クレジットカード会社その他の決済会社等との間で何らかの紛争が生じた場合は、会員と当該決済会社等との間で解決するものとします。

4.免責
4−1 当社は、本サービス及び本サービスで提供するさまざまなサービスの維持・継続を保証するものではありません。
4−2 当社は、配送先不明等によるトラブルに関しては、会員が登録している連絡先に連絡すること及び、商品購入の際に指定された配達先に商品等を配送等することにより、商品等の引渡債務を履行し、当該債務から免責されるものとします。

以上
(2017年9月20日 制定)


『SHOPLIST USED』標準トランクルーム(預ける機能)サービス約款

改正 平成19年9月6日 国政参施第8号
倉庫業法(昭和31年法律第121号)第8条第3項の規定に基づき、標準倉庫寄託約款(トランクルームサービスに係るものに限る。)を次のように定め、昭和61年8月1日から適用する。
標準トランクルームサービス約款
目次
第1章 総則(第1条−第6条)
第2章 契約の締結等(第7条−第11条)
第3章 寄託物の引渡し(第12条−第14条)
第4章 寄託物の保管(第15条−第21条)
第5章 寄託物の返還(第22条・第23条)
第6章 引取のない寄託物の処置(第24条・第25条)
第7章 寄託物の損害保険(第26条−第28条)
第8章 賠償責任(第29条−第38条)
第9章 料金の支払等(第39条−第42条)
第1章 総則
(適用範囲)
第1条
1 この約款は、別表に掲げる物品(以下「特定物品」といいます。)の寄託であって、その保管がトランクルームサービス(特定物品の保管を恒常的に行う事業をいいます。)として行われるものに適用されます。
2 この約款に定めのない事項については、法令又は一般の慣習によります。
3 当社は、前2項の規定にかかわらず、法令に反しない範囲で特約の申込みに応じる
ことがあります。
(営業日時)
第2条
1 当社は、営業日時を定め、営業所その他の事業所の店頭に掲示します。
2 前項の営業日時を変更する場合は、あらかじめ営業所その他の事業所の店頭に掲示します。
(庫入れ、庫出しその他の作業)
第3条 寄託を受けた特定物品(以下「寄託物」といいます。)の庫入れ、庫出しその他の作業は、当社が行います。
(書面による意思表示)
第4条 当社は、寄託者が当社に対し通知、指図その他の意思表示を行う場合は、書面により行うことを要求することができます。
(通知、催告)

第5条 当社が寄託申込書に記載された寄託者の住所(第10条第1項の通知があつた場合は、当該通知のあつた住所)にあてて通知又は催告を行つた場合は、当該通知又は催告は通常到達すべき時に到達したものとみなします。
(業務上受領する金銭の利息)
第6条 当社は、業務上受け取つた金銭に対しては、利息を付しません。
第2章 契約の締結等
(寄託引受けの拒絶)
第7条 当社は、次の理由がある場合は、寄託の引受けを拒絶することができます。
(1) 寄託の申込みがこの約款によらないものであるとき。
(2) 特定物品が危険品、変質又は損傷しやすい物品、荷造りの不完全な物品その他保管に適さない物品と認められるとき。
(3) 次条2項の規定による寄託価額に関する協議が整わないとき。
(4) 特定物品の保管に必要な施設がないとき。
(5) 特定物品の保管に関し特別の負担を求められたとき。
(6) 特定物品の保管が法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反するものであるとき。
(7) その他やむを得ない事由があるとき。
(寄託価額)
第8条
1 寄託物の寄託価額は、寄託物の寄託の申込み時における価額とします。
2 前項の規定にかかわらず、寄託者は、寄託の申込み時において、当社と協議の上、相当と認められる価額を寄託価額とすることができます。
(寄託申込書)
第9条
1 寄託者は、特定物品の寄託に際し、当該特定物品に関して次の事項を記載した寄託申込書を、記名押印の上、当社に提出しなければなりません。
(1) 寄託者の氏名又は名称、住所及び電話番号
(2) 品名及び数量
(3) 荷造りされているときは、その荷造りの種類及び種類ごとの数量
(4) 寄託価額
(5) 保管方法を定めたときは、その方法
(6) 保管又は荷役上特別の注意を要するときは、その保管又は荷役上の注意事項
(7) 引渡しを行う日
(8) 第26条第1項の火災保険に付すことを不要とするときは、その旨
(9) その他保管又は荷役に関し必要な事項
2 当社は、寄託者が寄託申込書を提出しないため、寄託申込書に記載すべき事項を記載しないため、又は寄託申込書に記載した事項が事実と相違するために生じた損害については、賠償の責任を負いません。
(寄託申込書の記載事項の変更等)
第10条 寄託者は、前条第1項第1号に掲げる事項若しくは寄託申込書に押印した印鑑(以下単に「印鑑」といいます。)を変更した場合又は印鑑を失つた場合は、遅滞なく当社に対し通知しなければなりません。

2 寄託者は、前条第1項第2号から第9号までに掲げる事項を変更しようとする場合は、あらかじめ当社に対しその変更を申し出なければなりません。
(契約の解除)
第11条
1 当社は、次の事由がある場合は、契約を解除することができます。
(1) 第7条第2号から第6号までの各号の一に該当することが明らかになつたとき。
(2) 寄託者が約定のとおり寄託物の引渡しを行わないとき。
(3) 寄託者が次条第1項の規定による寄託物の内容の検査を拒絶したとき。
(4) 第13条の規定による寄託価額に関する協議が整わないとき。
2 当社は、営業を廃止し、又は休止しようとする場合は、契約を解除することができます。この場合にあつては、解除日の3月以前にその旨を予告するものとします。
3 当社は、寄託者の申し出により寄託物について倉荷証券を発行使用とする場合は、契約を解除します。
4 寄託者が当社に寄託物を引き渡した後、当社が第1項又は第2項の規定により契約を解除した場合は、寄託者は、遅滞なく、保管料、荷役料その他の費用、立替金及び延滞金を支払い、寄託物を引き取らなければなりません。
5 当社は、第1項又は第3項の規定により契約を解除した場合は、これによる損害については、賠償の責任を負いません。
6 当社は、第2項の規定により契約を解除した場合であつて、その営業の廃止又は休止が合理的な事由によるものであるときは、これによる損害については、賠償の責任を負いません。
第3章 寄託物の引渡し
(引渡し時における寄託物の内容の検査)
第12条 当社は、寄託物の引渡しを受けるに当たり、寄託申込書に記載された寄託物の品名、数量又は保管若しくは荷役上の注意事項について疑いがある場合は、寄託者の同意を得て、寄託物の内容について検査することができます。
2 当社は、寄託者の同意を求めるいとまがなく、かつ、寄託物の外観から見てその内容に異常が認められると推定される等正当な事由がある場合は、前項の規定にかかわらず、寄託者の同意を得ないで、寄託物の内容について検査することができます。
3 当社は、第1項の規定により検査を行つた場合で寄託者の立会いがなかつたとき又は前項の規定により検査を行つた場合は、寄託者に対し、遅滞なくその旨及び検査の結果を通知します。
4 当社は、第1項又は第2項の規定により検査を行つた場合において、寄託物の内容が寄託申込書に記載したところと異ならないときは、検査により生じた損害について賠償の責任を負います。
5 寄託者は、第1項又は第2項の規定により検査を行つた場合において、寄託物の内容が寄託申込書に記載したところと異なるときは、検査に要した費用を負担しなければなりません。
(引渡し時における寄託価額の変更)
第13条 当社は、寄託物の引渡しを受けるに当たり、寄託価額が不相当であると認めた場合は、寄託者との協議の上、相当と認められる価額に変更することができます。
(受取証の交付)
第14条 当社は、寄託物の引渡しを受けた場合は、寄託者にその受取りを証する書面(以下「受取証」といいます。)を交付します。
2 受取証には、当社の名称、住所及び電話番号並びに第9条第1項各号の事項を記載します。
3 寄託者は、受取証を失つた場合は、遅滞なく当社に通知しなければなりません。
4 受取証は、譲渡し、又は担保に供することができません。
第4章 寄託物の保管
(保管方法)
第15条 当社は、寄託物をその引渡しを受けた時の荷姿のまま当社が定めて明示した方法により保管します。
(再寄託)
第16条 当社は、寄託物の保管に必要な施設がないことその他やむを得ない事由がある場合は、寄託者の同意を得て、当社の費用において、他の倉庫業者に寄託物を再寄託することができます。ただし、同意を求めるいとまがない場合は、寄託者の同意を得ないで再寄託することができます。
2 前項ただし書の規定により他の倉庫業者に再寄託した場合は、当社は、寄託者に対し、遅滞なくその旨を通知します。
(保管期間)
第17条 寄託物の保管期間(第11条第1項から第3項までの規定により契約を解除する場合を除き、当社が寄託者に対し解約を申し入れることができない期間をいいます。以下同じ。)は、寄託者が寄託物を引き渡す日として約した日から起算して3か月とします。
2 寄託物の保管期間は、寄託者から解約の申入れがない限り自動的に更新されます。
更新後の保管期間は、3か月とします。
3 当社は、次の事由がある場合は、前項の規定にかかわらず、保管期間の更新を拒絶できます。この場合において、当社は、保管期間の満了日の1週間以前にその旨を予告するものとします。
(1) 保管料、荷役料その他の費用、立替金又は延滞金が、当社が定めて通知した日までに支払われないとき。
(2) 次条第2項の規定による寄託価額に関する協議が整わないとき。
(3) 寄託者が第19条第1項の規定による寄託物の内容の検査を拒絶したとき。
(4) その他寄託者がこの約款に反したとき。
4 前項の事由が前項の予告の後保管期間の満了日までの間になくなつた場合は、保管期間は更新されます。
5 当社が第3項の規定により更新を拒絶した場合は、保管期間の満了と同時に、当社が寄託者に対し解約を申し入れたものとみなします。
6 寄託者は、第3項の規定により更新を拒絶された場合は、遅滞なく、保管料、荷役 料その他の費用、立替金及び延滞金を支払い、当該寄託物を引き取らなければなりません。
7 当社は、第3項の規定により更新を拒絶した場合は、これによる損害については、賠償の責任を負いません。
(保管中の寄託価額の変更)
第18条
1 寄託者は、寄託物の価額に著しい変動があつた場合は、遅滞なく寄託価額の変更を申し出なければなりません。
2 当社は、寄託物の寄託価額が不相当と認められるに至つた場合は、寄託者と協議の上、相当と認められる価額に変更することができます。
(保管中の寄託物の内容の検査)
第19条
1 当社は、その保管期間中、寄託申込書に記載された寄託物の品名、数量又は保管若しくは荷役上の注意事項について疑いがある場合は、寄託者の同意を得て、寄託物の内容について検査することができます。
2 当社は、寄託者の同意を求めるいとまがなく、かつ、寄託物の外観から見てその内容に異常が認められると推定される等正当な理由がある場合は、前項の規定にかかわらず、寄託者の同意を得ないで、寄託物の内容について検査することができます。
3 当社は、第1項の規定により検査を行つた場合で寄託者の立会いがなかつたとき又は前項の規定により検査を行つた場合は、寄託者に対し、遅滞なくその旨及び検査の結果を通知します。
4 当社は、第1項又は第2項の規定により検査を行つた場合において、寄託物の内容が寄託申込書に記載したところと異ならないときは、検査により生じた損害について賠償の責任を負います。
5 寄託者は、第1項又は第2項の規定により検査を行つた場合において、寄託物の内容が寄託申込書に記載したところと異なるときは、検査に要した費用を負担しなければなりません。
(寄託物の出し入れ、点検等)
第20条 寄託者は、当社の立会いのもとに、寄託物の出し入れ、点検又は保存に必要な処置を行うことができます。この場合において、寄託者は、受取証及び印鑑を当社に提出しなければなりません。
2 当社は、寄託者が寄託物の出し入れを行つた場合は、当該出し入れによる寄託物の品名、数量及び寄託価額の変更について寄託者に申告を求めることができます。
3 当社は、寄託者が行つた寄託物の出し入れ、点検又は保存に必要な処置により、寄託物又はその梱包若しくは収納器がき損した場合は、その旨を受取証に記載します。
4 当社は、やむを得ない場合は、寄託者が寄託物の出し入れ、点検又は保存の処置を行う日時を指定することができます。
(保管不適寄託物の処置)
第21条 当社は、次の事由がある場合は、寄託者に対して、相当の期間を定めて必要な処置を行うように催告することができます。
(1) 寄託物が変質、き損等により保管に適さなくなつたと認められるとき。
(2) 寄託物が倉庫又は他の寄託物に損害を与えるおそれがあると認められるとき。
2 寄託者は、前項の催告を受けた場合は、遅滞なく必要な処置を行わなければなりません。
3 寄託者が当社の定めた期間内に前項の催告に応じない場合又は当社が催告をするいとまがない場合は、当社は、寄託物の廃棄その他の必要な処置を行うことができます。
4 前2項の処置に要した費用は、寄託者の責に帰すべき事由に基づく場合は、寄託者の負担とします。
5 第3項の処置を行つた場合は、当社は、寄託者に対し、遅滞なくその旨を通知します。
第5章 寄託物の返還
(返還手続)
第22条 寄託者は、寄託物の返還を受けようとする場合は、受取証に氏名その他必要
事項を記入し、印鑑を押印した上で、これを当社に提出しなければなりません。
(返還の拒絶)
第23条 当社は、保管料、荷役料その他の費用、立替金及び延滞金の支払を受けるまでは返還の請求に応じないことができます。
2 寄託者は、前項の規定による留置の期間中は、保管料と同額の金銭を支払わなければなりません。
3 当社は、第1項の規定により返還の請求に応じない場合は、これによる損害については、賠償の責任を負いません。
第6章 引取りのない寄託物の処置
(引取りの請求)
第24条 当社は、第11条第4項又は第17条第6項の規定による寄託物の引取りが行われない場合は、寄託者に対し、当社が指定する日までに寄託物を引き取ることを請求することができます。
2 前項の請求を書面により行う場合は、当社が指定する日までに引取りがなされないときは引取りを拒絶したものとみなす旨を付記することができます。
3 当社は、第1項の規定により指定した日を経過した後は、寄託物に生じた損害については、賠償の責任を負いません。
(寄託物の処分)
第25条
1 当社は、寄託者が寄託物を引き取ることを拒み、若しくは引き取ることができず、又は当社の過失なくして寄託者を確知することができない場合であつて、寄託者に対して期限を定めて寄託物の引取りの催告をしたにもかかわらずその期限内に引取りがなされないときは、催告をした日から3か月を経過した後は、寄託者に対し予告した上で、公正な第三者を立ち会わせて寄託物の売却その他の処分をすることができます。ただし、寄託物が腐敗又は変質するおそれがあるものである場合は、寄託者に対し予告した上で、引取りの期限後直ちに公正な第三者を立ち会わせて寄託物の売却その他の処分をすることができます。
2 当社は、前項の規定により処分した場合は、寄託者に対し遅滞なくその旨を通知します。
3 当社は、第1項の規定により売却した場合は、その代価から保管料、荷役料その他の費用、立替金及び延滞金並びに売却のために要した費用を控除し、残額があるときはこれを寄託者に返還し、不足があるときは寄託者に対しその支払を請求します。
第7章 寄託物の損害保険
(保険の付保)
第26条 当社は、反対の意思表示がない限り、寄託者のために寄託物を当社が適当とする保険者の次に掲げる損害をすべててん補する火災保険に付します。ただし、他の倉庫業者に再寄託した寄託物については、その再寄託を受けた倉庫業者がその適当とする保険者に当社が付補した場合と同様の火災保険に付するものとします。
(1) 火災による損害
(2) 落雷による損害
(3) 破裂又は爆発による損害
(4) 給排水設備に生じた事故に伴う漏水、放水又は溢水による損害
(5) 当社又はその使用人の作業上の過失による事故によつて生じたき損の損害
(6) ねずみ喰いの損害
(7) 盗難によつて生じた盗取、き損又は汚損の損害
2 当社が前項の規定により寄託物について締結する火災保険契約の保険金額は、寄託物の寄託価額とします。
3 寄託物の火災保険に関する事項は、営業所その他の事業所の店頭に掲示します。
(損害てん補額の決定)
第27条 寄託者は、寄託物がり災した場合に、り災当時の価格及び損害の程度並びに損害てん補額を保険者と決定するに際しては、それぞれの金額について当社の承認を得なければなりません。
2 前項の決定をするに当たつて、寄託者と保険者との間で協議が整わない場合は、当社は、保険者と協議の上決定することができます。
(火災保険の支払手続)
第28条 寄託者は、当社を経由して火災保険金の支払を受けなければなりません。
第8章 賠償責任
(責任の始期及び終期)
第29条 当社の寄託物に関する責任は、当社が寄託者から寄託物の引渡しを受けた時に始まり、寄託者が当社から寄託物を引き取つた時に終わります。
(当社の賠償責任と挙証)
第30条 当社は、当社又はその使用人が寄託物の保管又は荷役に関し注意を怠らなかつたことを証明しない限り、寄託物の滅失又はき損により生じた損害について賠償の責任を負います。
(再寄託物に対する責任)
第31条 当社は、第16条の規定により他の倉庫業者に寄託物を再寄託した場合においても、この約款に基づき、当該寄託物について当社が自ら保管した場合と同様の責任を負います。
(免責事由)
第32条 当社は、次の事由により生じた損害については、賠償の責任を負いません。
(1) 寄託物の性質、欠陥若しくは自然の消耗又は荷造りの不完全
(2) 虫害
(3) 戦争、事変、暴動、強盗又は同盟罷業若しくは同盟怠業
(4) 地震、津波、高潮、大水又は暴風雨
(5) 徴発又は防疫
(6) 全各号に掲げるものの他抗拒若しくは回避することのできない災厄、事故、命令、処置又は保全行為
2 当社は、前項の損害であつても、特別の設備を有することその他の事由により賠償の責任を負うことを約した場合は、その責任を負うものとします。
(賠償額)
第33条
1 当社は、寄託物の滅失又はき損により生じた損害を賠償します。
2 前項の損害の額が寄託価額を超える場合は、損害の額は、寄託価額であるものとみなします。
(責任の特別消滅事由)
第34条
1 寄託物の一部滅失又はき損による損害についての当社の責任は、寄託物を引き取つた日から1週間以内に寄託者から当社に対し当該寄託物に一部滅失又はき損があった旨の通知が発せられない限り消滅します。
2 前項の規定は、当社が、寄託物の返還に際して当該寄託物に一部滅失又はき損が生じていることを知つていた場合は、適用しません。
(時効)
第35条
1 寄託物の一部滅失又はき損による損害についての当社の責任は、寄託者は当社より寄託物を引き取つた日から1年を経過したときは、時効により消滅します。ただし、当社がその損害を知つていた場合は、この期間は5年とします。
2 寄託物の全部滅失による損害についての当社の責任は、当社が寄託者に対して滅失があつた旨の通知をした日から5年を経過したときは、時効により消滅します。
(寄託者の賠償責任)
第36条 寄託者は、寄託物の性質又は欠陥により当社に与えた損害については、賠償の責任を負わなければなりません。ただし、寄託者が過失なくしてその性質若しくは欠陥を知らなかつた場合又は当社がこれを知つていた場合は、この限りではありません。
(引渡し遅延による保管料相当額の支払)
第37条 寄託者は、寄託物を引き渡す日として約した日に引き渡さなかつた場合は、その日から引渡しを行つた日の前日まで又は契約を解除した日までの当該寄託物の保管料と同額の金銭を支払わなければなりません。
(引取り遅延による保管料相当額の支払)
第38条 寄託者は、第11条第4項又は第17条第6項に規定する寄託物の引取りが行われない場合は、当該寄託物の保管料と同額の金銭を支払わなければなりません。
第9章 料金の支払等
(料金の支払)
第39条 寄託者は、当社が国土交通大臣に届け出た保管料及び荷役料並びにその他の
料金を、当社が定めて通知した日までに支払わなければなりません。

(延滞金)
第40条 寄託者は、当社が定めた日までに前条の料金を支払わない場合は、その日の翌日から支払のあつた日まで年利6パーセントの割合で延滞金を支払わなければなりません。
(料金の変更)
第41条 当社は、国土交通大臣に届け出た保管料を変更した場合は、変更された日の属する期から、新料金により請求します。
(滅失寄託物の料金の負担)
第42条 当社は、寄託物が滅失した場合は、滅失した日までの料金を寄託者に請求することができます。ただし、当社の責に帰すべき事由により滅失した場合は、当該保管期間に係る保管料については、この限りではありません。
附 則
(施行期日)
1 この告示は、平成13年1月6日から施行する。
(施行期日)
1 この告示は、平成19年10月1日から施行する。
別表(第1条第1項関係)
次に掲げる物品であつて、商品として販売されないもの。
(1) たんす、書棚、ベツド、じゆうたん、台所用品、食器その他の家具類
(2) 冷暖房機器、音響機器、2輪車その他の家庭用機器類
(3) ピアノ、運動具、玩具その他の楽器・娯楽用品類
(4) 和服、洋服、身の回り品その他の衣服類
(5) 毛皮コート、毛皮えり巻きその他の毛皮製品
(6) 絵画、彫刻、書跡、陶磁器、漆工品、骨とう品その他の美術工芸品・収集品
(7) 貴金属製装身具、宝石、真珠その他の貴重品
(8) 複写機、タイプライタ、コンピユータ、キヤビネツト、金庫その他の事務用機器

(9) 事務文書、帳簿、図面その他の文書・書籍類
(10) 磁気テープ、磁気デイスク、フイルム、レコードその他の記録媒体類
(11) その他前各号に掲げる物品に準ずるもの


料金表
箱の大きさ1箱120サイズ以内 ※注1
上限点数1箱30点
制限重量1箱20kg以内
キット配送料金1箱¥250
申込み料金1箱¥0
月額保管料1箱¥250(初月無料)
取出し送料1回¥800
フリマ代行出荷送料 1箱※注2¥600
寄託価額1箱¥10,000
※注1 3辺の合計が120cm以内。120サイズを超える毎に、1箱追加と数えます。
※注2 30点以内。


(2017年6月23日 制定)